機構日誌

2018年05月14日(月)

去る、5月12日(土)に生月町中央公民館において、『平戸と長崎大学で育てる地域医療講演会』を開催いたしました。
この日は天気に恵まれ快晴の中、生月町内外の方たちが200名ほど会場に足を運びました。
講演?は、ながさき地域医療人材支援センターの?山隼人センター長が「長崎県の離島医療施策とながさき地域医療人材支援センターの役割」と題して、長崎県の医療の歴史や現状、センターの役割などを話されました。
講演?は、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 山口育子理事長が「住民と医療者の協働で創る地域医療」と題して、患者をとりまく医療の課題や近い将来直面する問題を示し、我々が「賢い患者」となれるよう10か条などをお話くださいました。
とても気持ちのこもった講演が心に響き、会場の皆さんも聞き入るようにして耳を方向けていました。

ご多忙の中、講演におこしいただきましたお二人の先生方、そして、ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

IMG_8989.JPG IMG_8995.jpg IMG_9004.jpg IMG-9011.jpg IMG_9012.JPG IMG_9010.jpg

コメントを残す